紙袋の意外な利用法を伝授するサイト

紙袋について知っておきたい基礎知識をまとめます

ついとっておいてしまう紙袋の意外な使い方

気がつくと押入れの中ですごい数がたまっている紙袋。最近ではお洒落で可愛いデザインのものがたくさんあり、気がつくとかなりのスペースをとっている事も多いはず。そんなあなたもこの機会にすっきり整理してしまいましょう。まずは引っ張り出して並べてみます。古くなって変色していたり、折り目がついて汚らしい感じの袋はもう必要ありません。でもどうせ捨てるならその前にもう一仕事、くずかごにしてそのまま捨ててしまいましょう。小さいものなら卓上においてミカンの皮やお菓子の屑をいれたり、シンクの三角コーナーに入れて生ゴミの水切りにも使えます。最近では、紙ごみは分別して回収する自治体もありますので大きい袋は、空になったお菓子の箱や、紙クズを貯めておけば、そのまま収集日に出すことも出来ます。

紙袋を使ってあなたも収納の達人に

収納はアイデア次第で無限に広がります。100均に行けば安い収納グッズがたくさん売っていますが今回は再利用ですので無料です。紙のメリットを生かしてあなたも収納の達人をめざしてみてはいかがでしょうか。メリットの一つは空気を通す事です。野菜や食品を入れる収納袋に適しています。玉ねぎをビニール袋に入れたままにしておくと痛みやすいのですが、わざわざ釣り下げるのも面倒ですね。スーパーで買って持ち帰ったら、ビニール袋から出して紙袋にいれておきましょう。外皮がポロポロ剥がれて床が汚れるのも防げます。ジャガイモ同じです。土のついたまま紙袋に入れて冷暗所で保存するのが長持ちの秘訣です。食品以外では引き出しの中で靴下や下着などの仕切りに、漫画の収納に。見せる収納にするのもいいですね。シンプルで同じデザインのものを横に並べると統一感が増します。トイレットペーパーやスーパーのレジ袋など生活感があるものの目隠しとしても便利です。子供の小さいおもちゃ類も大きな袋にまとめるとすっきりした印象に変わります。

リメイクして二度楽しい可愛い袋

ハンドメイドが大好きというあなたには、リメイクして楽しんでみてはいかがでしょう。植木鉢のカバーや箱ティッシュのカバーなどのインテリア小物に。紙の上から布を張れば強度が上がりますのでマガジンラックにも使えます。並べて壁にピンでとめたり、可愛い部分をカットしてフレームに入れればアートとしても楽しめます。封筒やぽち袋、フォトフレームやブックカバーなど小物作りにも適しています。クリスマスやハロウィンなど季節のイベントの色柄を使えば、パーティの雰囲気も盛り上がります。最近ではマスキングテープやシール、スタンプやリボンなど、デコレーションのグッズが安く簡単に手に入ります。センスしだいで色んなアレンジが広がり、楽しい時間が過ごせますよ。これで押入れの中もすっきりします。

オリジナルオーダーバッグも作成いたします。(最小ロット500枚です) 製品の企画・印刷・加工・製造・納品まで、可能な限りお客様のご要望にお応えできますよう、日々制作に取り組んでおります。 格安短納期バックご用意しております。(最小ロット100枚です) 数多くの企業様に紙袋制作のご依頼を頂いております。 小ロットにも対応の紙袋制作なら