紙袋の意外な利用法を伝授するサイト

紙袋について知っておきたい基礎知識をまとめます

これは知っていて特になる紙袋の使い方

買い物をしたときにもらう紙袋は、なんとなくそのまま捨ててしまうのがもったいなくてためてしまうということになりがちです。そのままでは単に場所をとってしまい、無駄になってしまうことになりますが、うまく活用できれば生活を便利にする手助けとなるうえ、資源も有効に活用できることになります。最近はデザイン性の高いものや丈夫なものなども多いです。買い物をしたという事で役目を終えたものの、まだ使えそうなものについては積極的に活用していきましょう。外出時にはもちろんですが、お部屋の中で利用するという事もできます。袋の大きさや丈夫さによっても用途は変わってきます。紙だからこその良さを生かしながら、どういった使い方ができるのかを考えていくようにしましょう。

外出時にお勧めの使い方をチェック

外出する際には、荷物を持ち運ぶときの入れ物として利用することができます。特に使いやすいのが、洋服など軽いけれど嵩張るものを入れて持ち運ぶことです。大きなカバンとなると、カバン自体の重さも負担となってきますが、紙でできていると非常に軽いので、重さを感じずに持ち歩くことができます。持ち運んだあとはコンパクトに畳んでおいておけます。ファッション店の袋などはデザイン性が高く、しっかりした作りのものも多いので、気に入ったものをキープしておきましょう。また、いざとなったらごみとして捨てることもできるという事で、ピクニックなどのアウトドアレジャーにもおすすめです。お弁当などを入れて持ち歩き、食べ終わったら袋にごみをまとめて所定の場所に捨てるようにすると、手軽ですし帰宅時の荷物も減ります。紙袋だからこその使い方といえるでしょう。

家の中でインテリアの一部として活用

紙袋が活躍するのは外出時だけではありません。家の中だからこそ行かせるポイントも多いです。シーズンオフの服などを、しっかりした袋に入れておけば、立てて収納することができます。ダウンジャケットなど、かさばって通常のケースなどに入らないものはこうして収納しておくとよいでしょう。インテリア似合いそうな色柄の袋を用意しておくとよいでしょう。また、小さな袋も簡易ゴミ箱として使えます。鏡の前や机の上など、ちょっとしたごみ箱がほしいけれど常においておく場所がないという場合、一時的に小さな袋を立てておいて、ゴミを入れるのに使う事もできます。終わったらその袋のままごみとして捨てることができるので、処理も手軽です。このように、紙袋の特性を生かしながら、様々な利用の仕方をしていきましょう。