紙袋の意外な利用法を伝授するサイト

紙袋について知っておきたい基礎知識をまとめます

実は紙袋にはこんな使い道がありました

紙袋と言えば買い物をしたときについてくるもので、主に物を入れるのに使うというイメージですが実は他の用途でも使えます。家に沢山いらない紙袋のある方は色々な用途で使ってみてください。ついおしゃれなお店の紙袋は使う用途が無くてもそのまま捨てることができず取っておくことが多いと思いますがそのまま溜めていては邪魔になるだけですしスペースを占拠してしまいます。宝の持ち腐れになります。案外便利な使い道や素敵な使い道があるものですので利用してみましょう。うまく使えればスペースも空きますし実は節約にもなります。デザインや形状によって使い道がことなりますので使い分けてみてください。それほど手をかけることなく使える方法ばかりですのでチャレンジする価値はあります。

インテリアとして活用するのもお勧め

おしゃれなショッパーなどでしたらインテリアとして活用するのもいいでしょう。例えば高級ブランドのショッパーでしたらヒモを取って額の中に入れて壁に飾るのもおすすめです。部屋の中を華やかにしてくれます。額に入れるのが面倒と言う方はヒモだけを取って壁に飾るのもいいでしょう。1つだけではなく複数のショッパーを配置して飾ればカラフルな雰囲気になります。飾る時には画鋲を使わずポスター用のはがせる接着シールのようなものを使うのがいいでしょう。ヒモを取らずヒモの部分を壁にひっかけてウォールポケットとして使うことできます、元々物を入れるものですので沢山物が入れられますし便利です。丈夫なものでしたらこのような用途で使うといいでしょう。これでおしゃれな紙袋も持て余すことなく活用できます。

便利に使うならこんな方法もあります

高級ブランドのショッパーではなくそれほどデザイン性のいいものでない場合も用途があります。ゴミ箱のかわりとして使うのもいいでしょう。普通ゴミ箱はビニール袋をかぶせて使いますがいらないショッパーならそのままゴミを入れて捨てられます、満タンになったら丸ごと大きなゴミ袋に入れて捨てればいいのです。車の中のゴミ箱のかわりとして使うのもいいでしょう。他にも箪笥の中の仕切りとして活用するのもおすすめです、この場合引き出しのサイズに合わせて切る必要がありますが整理整頓をするのに活用できます。こちらも汚れてきたら捨てられますし無駄になりません。本を読む人でしたら袋を解体してブックカバーとして活用するのもいいでしょう。これで本は汚れませんし電車の中で読む時に知らない人にタイトルを知られることもありません。こんな色々な活用の仕方があるのです。