紙袋の意外な利用法を伝授するサイト

紙袋について知っておきたい基礎知識をまとめます

思わず唸ってしまう紙袋の意外な使い方

お店で買い物をした時にレジ袋に入れてもらうことが多いですが、お店とは言えいろいろなお店があるために、中にはとても素敵な紙袋に入れてもらえることもあります。もちろん、自分で素敵なデザインのものを購入する人もいるでしょう。捨てるのはもったいないですが、家にたくさんたまってしまって困っている人もいます。使わないで取っておくのではなく、いろいろなことに活用してみませんか。デザインが良ければ、プレゼント用に使っても良いかもしれません。お店の名前が書いていないのであれば、もらった方も喜んでもらえるでしょう。市販されているものならば、ラッピングに使ってみませんか。ラッピング用品は、簡単に手に入るので、いろいろなものをラッピングして、プレゼントに活用しませんか。

収納で困っているならうまく活用を

収納で困っている人は少なくありません。うまく収納できれば良いのですが、片付けることが苦手で家の中がぐちゃぐちゃになっている人もいます。整理整頓して、きれいな部屋にしたいと思いませんか。そういう人は、紙袋をうまく活用してみましょう。引き出しの仕切りとして活用できます。引き出しの高さに合わせて折ったり、切ったりします。同じサイズのものをいくつも使えば綺麗に引き出しの中を整理整頓できます。見た目も美しいですし、どこに何があるのかがわかりやすくなるので、ものをなくしにくくなるメリットもあります。ぐちゃぐちゃに積んでしまうと必要な時に取り出しにくくなりますが、この方法を使えばこのようなこともありません。いつでも必要な時に簡単に取り出すこともできるので、片付けが苦手な人もやってみませんか。

耐水性のある素材ならガーデニングにも

紙袋と言っても、種類はたくさんあります。防水加工されているなどして、意外と耐水性が高い素材が使われていることもあります。このような場合は、ガーデニングに活用しましょう。植木鉢代わりに使えます。下の方に穴を開けて、水が抜けるようにして、後は普通の植木鉢と同じような使い方をしてかまいません。十分、植物が育ちます。大きなサイズならば、根菜類を作るために使ってみても良いかもしれません。いらなくなった時も捨てやすいのでとても便利です。ガーデニングに使いたいと思ったら、素材をよく確かめておかなくてはなりません。耐水性があまりないと思ったら、無理にガーデニングに使うことはやめましょう。他にも冷蔵庫の仕切りなど活用できる場所がたくさんありますので、家じゅうで使ってみてください。